交通事故の後遺症で、高次脳機能障害と診断され、障害基礎年金2級を受給した事例

40代・男性(高次脳機能障害)

●ご相談に来た時の状況

 通勤のため自転車で市道を走行中、前方注意義務を怠った自動車に撥ねられ、脳挫傷等により、意識不明の重体となる。数回にわたる手術により、約2カ月後意識を取り戻し、以後はリハビリに励んでいたが、就労継続支援B型事業所の利用中にてんかん発作を起こすなど、元の状態には程遠くなっていた。
将来の生活に不安を抱き、お父様と一緒に来所されました。

●当センターによるサポート

国民年金加入中の事故だったため、2級を目標に就労支援事業所の担当者とのヒアリングを重ねながら、現在の状況を詳細にまとめた。また、診断書を依頼した病院で、記載してもらうまで数カ月を要したため、お父様が途中、心折れそうになる時期もありましたが、根気よく励まし、申請に至りました。

●結果

提出後3カ月で障害基礎年金2級が決定しました。