うつ病で障害厚生年金3級を受給した事例

40代・女性(うつ病)

●ご相談に来た時の状況

 定職に就き働いていたが、常に胸がひどくざわつき、集中力がすぐにきれ、物忘れがひどくなっていった為、病院を受診。うつ病と診断され、薬を処方される。
 その後も状態は改善されず、仕事も長続きせず、退職を何回も繰り返されてるなか、身の回りの事が自分ではできなくなり、娘さんに頼らないと生活ができなくなってきた為、当センターに相談に来られました。

●当センターによるサポート

 診断書を揃えるに当たり、主治医とご本人様のコミュニケーションがうまく取れていなかった為、面談時に主治医とのコミュニケーションの必要性を説明したところ、ご本人の意思で転院されました。 
 新しい先生は、親身に対応してくださったため、診断書をスムーズに作成して頂き、それを添付して、申請することができました。

●結果

提出後2カ月で障害基礎年金3級が決定し,年額58万円が支給されることになりました。

 

その他、うつ病・気分変性症の受給事例をみる