過労による、うつ病で障害厚生年金2級を受給した事例

40代・男性(うつ病)

●ご相談に来た時の状況

 仕事で残業が多く、深夜1時~2時までの仕事が続き、ストレスも多く掛かる部署で、不眠状態、食欲不振が続き、物忘れもひどくなってきた為、病院で受診した所うつ病と診断されました。
 薬の処方を受けたが、改善がなかった為転院し、それと同時に職場に休職届を出し、復職に向け努力されている状況で、経済面の不安を感じ、当センターに相談に来られました。

●当センターによるサポート

 ご本人の体調がかなり悪く、揃えて頂く書類などの説明ややりとりが、電話では困難であったため、数日にわたって、お手紙による説明と、アドバイスを行いました。書類が期限切れにならないように、詳しく丁寧に、尚かつスピーディーな対応を心掛け、申請までサポートしました。

●結果

 提出後3カ月で障害厚生年金2級が決定し、遡及分を含む約450万円が支給されました。

 

その他・うつ病・気分変性症の受給事例をみる