ご本人の死亡後未支給年金として請求し認定された事例

50代・男性(肝硬変・肝がん)

●ご相談に来た時の状況

約7年前、勤め先の健康診断で糖代謝と肝機能の異常を指摘されるも、自覚症状なきため受診せず。
その後症状悪化し肝硬変、肝がんと進み初診後約5年経過で死亡。
ご本人存命中に奥様が請求の準備を始めるも中断、その後ご本人死亡後に請求を決意し相談に。

●当センターによるサポート

認定日時点の検査結果を確認。3級に該当することから当時の診断書と死亡直前の診断書で請求。

●結果

認定日3級認定、死亡直前の診断書により事後重症2級、死亡直前1級と職権改定され、死亡月までの障害年金を一時金として受給。
遺族年金も長期要件から短期要件へと裁定替えされ300月見做し、中高齢寡婦加算が適用となる。