知的障害・広汎性発達障害で障害基礎年金1級を受給した事例

20代・女性(知的障害・広汎性発達障害)

女性・20代・無職
傷病名:知的障害・広汎性発達障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級
支給月から更新月までの支給総額:約535万円

●ご相談に来た時の状況

生まれたときから発育の遅れや言葉の遅れが気になり、幼少期に小児科を受診したが、幼いため、はっきりとした診断はされなかった。幼稚園では周囲となじめず、小中学校は普通学級に通ったが授業について行けなかった。暴力的な言動も目立ち始め、高校は特別支援学校に通学したが、親のサポートが常に必要な状況であった。20歳になる頃市役所で障害年金の制度を知り、お母様が来所され受任となりました。

●当センターによるサポート

知的障害を伴う発達障害の方なのでお母様に誕生から現在までの通院歴を詳細にヒアリングを行いました。成人に近づくに連れ色々事件を起こし中には警察沙汰になる事件もありご本人に影響が及ばない範囲で申立書に記載しました。診断書も専門の先生が正確に書かれ受給する事が出来ました。

●結果

提出後2ヵ月弱で障害基礎年金1級が決定しました。