卵巣がん、子宮体がんで障害厚生年金3級を受給した事例

40代・女性(卵巣がん・子宮体がん)

●ご相談に来た時の状況

約5年前に腹部にしこりを感じ、卵巣がんの摘出手術を受けられました。その後抗がん剤治療を受けられましたが、腹膜並びにリンパ節への転移判明いたしました。さらに子宮体がん、水腎症を発症され、腸骨へも転移のため歩行にも痛みが生じるようになり相談に来られました。

●当センターによるサポート

障害状態の最も著しい肢体の診断書で請求しましたが、請求後5か月経過後、肢体診断書の可動範囲や筋力の検査数値欄を追記するようにとの返戻がありました。
しかし、診療科が婦人科で測定できずと返答したところ、その他の診断書を提出するようにとの指示があり再提出いたしました。

●結果

請求後認定までに通常必要とする3か月を大幅に経過した後、さらに診断書の追加提出を求められる等、年金機構の処理には極めて憤りを感じましが、追加提出した診断書により3級認定されました。