腎機能障害で障害厚生年金2級を認定された事例

30代・男性(腎機能障害)

●ご相談に来た時の状況

約10年前に腎機能異常を発症。治療しながら勤務継続していたが、徐々に悪化し7年前にそれまで勤めていた会社を退社し、体への負担の軽い職種に転職。その後も腎機能は悪化し続け、血液透析導入に及び障害年金申請にいたる。

●当センターによるサポート

受任から1ヶ月で申請。

●結果

請求提出後2ヶ月で2級の認定。