脳腫瘍による身体障害とうつ病で、障害基礎年金2級を認定された事例

30代・女性(身体障害・うつ)

●ご相談に来た時の状況

5年前、めまいから発症。MRIの結果小脳腫瘍が判明し長時間に及ぶ摘出手術。術後複視や身体麻痺、頭痛、めまいなどの行為障害に苦しんでいた。またうつの症状にも苦しんでいた。

●当センターによるサポート

脳腫瘍による身体の障害についての診断書と、うつについての診断書を作成。申立書もそれぞれの症状に応じ作成し申請。

●結果

うつによる精神の障害については3級相当と判断され国年不支給。脳腫瘍による肢体の障害について障害基礎年金2級の認定となり、お子様の加算も付加された。