脳梗塞と腎機能障害で、障害厚生年金3級を認定された事例

50代・男性(脳梗塞・腎機能障害)

●ご相談に来た時の状況

約10年前に脳出血を発症するも治療リハビリ勤務継続。6年後別の部位に脳梗塞を発症。その治療中に多発性嚢胞腎が判明。右半身に麻痺が生ずるも、リハビリにより歩行できるまで回復し勤務も継続中なるも腎機能は徐々に悪化。

●当センターによるサポート

二つの傷病による二つの障害であり別々に診断書、申立書を作成し請求。

●結果

脳梗塞による肢体障害は不支給、腎機能障害は障害厚生年金3級の認定を受けた。腎機能は低下を続け4月には人工透析となったため、額改定請求を提出。