脳出血、高次脳機能障害で障害厚生年金2級を受給した事例

40代・男性

●ご相談に来た時の状況

約2年前に発症、程なく退職。現在は無職の状態でご相談がありました。

 

●当センターによるサポート

肢体の他、言語や、脳の情報処理など、複数の障害がありましたので、日常生活での不便を網羅できるよう丁寧に聞き取りを行い病状・就労状況申立書を作成しました。

 

●結果

障害厚生年金2級の認定を得ることができました。

症状の改善が望めない障害のため、今後も就労は難しいが、生活の目処が立ったと大変喜んで頂きました。