脊髄性小児麻痺で、障害基礎年金2級を受給した事例

60代・男性(脊髄性小児麻痺)

●ご相談に来た時の状況

物心つく前から右足が全く動かない状態でしたが、杖を使って右足を引きずって腕の力で日常生活を送られてこられました。治る見込みが無いため、受診されておられませんでしたが、右足のむくみ、股関節の痛みの他、長年、片足をかばう生活を続けてきたことで、腰や背骨に痛みが出て、座業であっても仕事を続けていくことが困難で、困って幣センターにご相談にみえました。

●当センターによるサポート

すぐに受診して、診断書を取得いただくようご案内しました。発症から60年が立っており、病歴・就労状況等申立書の作成は困難を伴いましたが、約5年毎の足の状態と、日常生活上の不具合をヒアリングして、作成しました。

●結果

障害基礎年金2級の認定を得ることができました。