統合失調症で障害基礎年金2級を受給した事例

50代・女性(統合失調症)

●ご相談に来た時の状況

ご家族の方全員で相談に来られました。強い妄想と入院でご家族も疲弊しておられるご様子でしたが、発病から現在までの状況を詳細に書き留めていらっしゃいました。

 

●弊センターによるサポート

詳しくお話をお伺いしたところ、発病からちょうど1年6ヶ月頃であり、速やかに認定日請求をすることにしました。ご家族の書き留めていたメモを元に病歴就労状況等申立書を作成し、受任から1ヶ月足らずで申請しました。

 

●結果

障害基礎年金2級の認定を得ることができました。

本ケースのように、ご相談の時期が早いと非常にスムーズに手続きが進みます。また、逆に遅くなると、病歴の確認に時間がかかったり、受給時期が遅くなり、もらえる年金を失ってしまうケースも起こり得ます。このような事態にならないためにも、いち早く専門家へのご相談をお勧めいたします。