統合失調症で、障害基礎年金2級を受給した事例②

50代・女性(統合失調症)

●ご相談に来た時の状況

約13年前に嫉妬妄想、幻覚が生じ、初診。入退院を繰り返しながらも、治療を続けてこられました。主婦だったため、障害の状態に該当しても、年金がもらえるとは思っていなかったとのことでした。

●当センターによるサポート

初診から1つの病院に通われておられましたので、病歴は長かったのですが、全期間のカルテが残されており、初診日の証明や認定日頃の診断書を取得することができました。日常生活上の不具合を丁寧に聞き取りを行い、病歴就労状況申立書を作成。速やかに請求しました。

●結果

障害基礎年金2級の認定を得ることができました。また、認定日請求が認められ、過去5年分の年金を一度に受け取ることができ、大変喜んで頂きました。