知的障害と鬱で障害基礎年金2級を受給した事例

40代・女性(知的障害・鬱)

●ご相談に来た時の状況

幼少期より、知的障害の兆候が見られ、小学校で先生から病院で受診するようにアドバイスされましたが、両親や祖母から虐待を受けていたこともあり、すぐに診察を受けることができませんでした。中学生になって、いじめや虐待からストレスで情緒不安定になり病院で受診。知的障害と診断されました。H28年に療育手帳を取得され、現在は、ご主人の介助がないと生活できないと今後が不安になり、当センターにご相談に来られました。

●当センターによるサポート

家族間のトラブルで、病院に付き添ってもらうことができず、初診日認定ができないため、「初診日に関する第三者の申立書」を作成してもらい、病院から診断書を書いてもらうことができました。

●結果

提出後4カ月で障害基礎年金2級が決定しました。

 

その他の受給事例をみる