気分変調症で障害厚生年金2級を受給した事例

50代・女性(気分変調症)

●ご相談に来た時の状況

約25年前、血圧が突如低下しショック状態となり救急搬送されて以来、
夜になると強度の不安を訴えるようになった。以来幾つかの病院に入・通院し
その間に離婚と再婚を経験。相談時点も抑うつ気分、易疲労感を訴え、思考・運動制止が強く
ほぼ一日中臥床していた。

●当センターによるサポート

四半世紀にわたる長い病歴並びに就労状況や生活状況を丁寧に聞き取り申請を行った。

●結果

厚年期間中の発病であり、事後重症2級が認められ配偶者加給も加算された。

その他、うつ病・気分変性症の受給事例をみる