悪性脳腫瘍で、障害年金2級が認められた事例

50代・男性(悪性脳腫瘍)

●ご相談に来た時の状況

視力が低下し、目が見えにくくなったため、病院を受診されたところ、脳神経外科を受診するようにと指示され受診したところ、脳腫瘍があることが判明しました。抗がん剤治療をうけながら、入退院を繰り返す中、脳腫瘍再発が判明し、通院しながら化学療法・グラン注射などを続け、意欲、体力とも大幅に減退し、ほぼ寝たきりの状態の時に、奥様が当センターに相談に来られました。

●当センターによるサポート

当センターは、「高次脳機能障害」と診断書に記載して欲しいと主治医に依頼するも、カルテ以外の病名はかけないと断られましたが、「悪性脳腫瘍」で病名を依頼し、抗がん剤などの副作用の状況も記載していただけるようアプローチをかけ、診断書を書いていただくことができました。

●結果

提出後4カ月で障害厚生年金2級が決定し、15カ月分の年金が遡及して支給されました。

その他の受給事例をみる