心肥大・腹部大動脈瘤・心房細動で傷害厚生年金3級を受給した事例

50代・男性(心肥大・腹部大動脈瘤・心房細動)

●ご相談に来た時の状況

約15年前、気分が悪くなり胸痛出現し専門病院を受診。高血圧症、心肥大の診断を受ける。
症状が継続していたため8年前にそれまでの勤務先を退職。妻の扶養家族となり、
飲食店の手伝い等をしていたがそれもできなくなり無職になる。腹部に大動脈瘤が判明し手術。
心房細動も発現する。

●当センターによるサポート

病歴長く初診日が古いため受証が提出できない申立書とサマリーを添付するも
第3者証明の提出指示があり第3者証明2通を提出。長い病歴を克明に聞き取り、
それを反映させて申立書を作成し申請した。

●結果

請求提出から決定までに7ヶ月を要したが障害厚生年金3級の認定を得た。