多発奇形症候群等で障害基礎年金2級を受給した事例

20代・女性

●ご相談に来た時の状況

生まれつきの障害で、肢体障害の他、言語障害もあるとのことでした。現在、通院はしておらず、職場の援助、配慮のもと就労されておられる状態でした。

 

●当センターによるサポート

相談に来られた当時通院されていなかったのですが、肢体と言語の2種類の診断書が必要であることをご案内し、受診して頂きました。職場の配慮のもと就労していること、日常生活での不便などを丁寧に聞き取り、病歴・就労状況申立書を作成しました。

 

●結果

障害基礎年金2級の永久認定を得ることができ、障害年金を受給し続けられることになまりました。

今後はマイペースで就労を継続し、社会に貢献したいと大変喜んで頂きました。