右手関節切断で障害厚生年金3級を受給した事例(取得日訂正有り)

30代・男性(右手関節切断)

●ご相談に来た時の状況

2年程前、勤務していた製造工場で作業中に右手関節切断。緊急再接着術、
断端形成術を受けるも手指運動は改善せず、字を書くこと、箸を持つこともできず
右上肢全ての指の機能全廃とされ、障害手帳3級交付。その後退職。
労災の障害補償年金7級の受給権を得る。

●当センターによるサポート

切断された右手は複数回の手術を経て接合され、環指、小指は可動することから、
3級相当が予測されたが事故当時はアルバイトで社会保険が付保されておらず
国年請求の道しかなかった。勤務状況等を確認するに、アルバイトで3ヶ月以上経過しており、
その職場では通常正規雇用となり社会保険付保されていたはずであることが判明。
当方より会社側に厚年加入時期の訂正をお願いするとともに手続き方法を調べて連絡したところ、
差額保険料負担も含め会社側が了解し手続きを行い、厚年加入期間中の事故として請求したもの。

●結果

厚年3級であり、国年として請求していたら不支給となっていたと思われるが、
手数を惜しまず厚年加入時期の訂正を勤務先事業所に申し入れ手続きを行っていただいたことが功奏した。それが可能となったのはご本人が会社との間にしっかりとした信頼関係を築いていたことである。