双極性障害により障害厚生年金3級を受給した事例

40代・女性(双極性障害)

●ご相談に来た時の状況

娘が神戸の大学に進学したのを機に1人暮らしを始めた。娘の事が心配になりずっと悩んでいるうちにうつ状態となった。
その後、仕事が出来ない、目まい、家では寝たきりや外出が出来ないという状態になりご本人様が相談に来られた。

●当センターによるサポート

娘さんの事で悩まれたこと、また現状で困っていることなども丁寧に聞きました。申立書を作成し、医師に診断書を書いていただくようサポートをしました。診断書に納得されてなかったので、再度病院に確認を行いました。

●結果

提出後3カ月で障害厚生年金3級が決定しました。

 

その他の受給事例をみる