双極性障害で障害厚生年金2級を受給した事例

40代・男性(双極性障害)

●ご相談に来た時の状況

約7年前、勤務先で長時間残業が続き休みの取れない状況の中で不眠、易疲労感が発症しました。休職復帰を繰り返し、私生活でも離婚を経験。勤め先を退職し両親と同居開始した時点でご相談に来られました。

●当センターによるサポート

勤務時の状況や日常生活の困りごとを細かく聞き取り主治医に伝え、それらを反映した診断書と申立書を作成し申請しました。

●結果

申請後3か月を経ずして厚生年金2級に認定されました。