双極性感情障害で障害基礎年金2級を受給した事例

30代・女性(双極性感情障害)

●ご相談に来た時の状況

約7年前に仕事上の過度なストレスから双極性障害を発病。仕事の降格の申し出や業務変更などをしてなんとか勤務を続けましたが回復できず、約1年前から休職し、その後退職されました。現在も病状に苦しみ、復職の見通しがつかず生活に困ってご相談に見えました。

●当センターによるサポート

早急に診断書などの書類を揃えていただくよう案内。病歴・就労状況等申立書は、そう状態の時と、うつ状態の時の日常生活上の不具合が分かる様、聞き取りを行い作成しました。受任1月程度で請求書提出できました。

●結果

障害基礎年金2級の認定を得ることができ、大変喜んでいただきました。