両側混合性難聴で障害厚生年金3級が認定された事例

40代・男性(両側混合性難聴)

●ご相談に来た時の状況

約7年前から耳だれが止まらなくなり、専門医を受診し両滲性中耳炎との診断を受ける。耳垂れをチューブで吸引するなどの治療を受けるも改善せず徐々に聴力は低下。現場へ出る仕事が難しくなったため、配置転換を申し出る。℡応対はもとより、言語コミュニケーションが一段と不自由になった為、身体障害者手帳を取得。

●当センターによるサポート

ご本人が初証、診断書を取得し申請の準備を進めておられた。発病後の経緯を聞き取り申立書を作成。契約から一週間で提出。

●結果

提出後1ヶ月余で共済事務局より3級認定の通知有り