サラリーマンで肝硬変が悪化し障害厚生年金2級を受給した事例

40代・男性(肝硬変)

男性・40代・会社員(フルタイム)
傷病名:肝硬変
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
支給月から更新月までの支給総額:約562万円

●ご相談に来た時の状況

数年前交通事故で肢体に損傷を負いリハビリを行っていたが、症状が改善せず、知人の紹介により障害年金のことを知り来所され受任となりました。ヒアリングを進めて行く中でリハビリ期間中に全身に倦怠感を覚え病院を受診したところ肝硬変と診断され専門病院で入院治療をしていたと判明しました。

●当センターによるサポート

当初は交通事故による肢体の障害で相談に来られましたが、よくヒアリングしたところ肢体よりも肝硬変の方が重度であることがわかり、肝硬変に絞り申請の準備を進めました。先生に病状や検査成績を正確に診断書に記載して頂くことが出来又、お勤めの会社からの配慮の内容を詳細にヒアリングして記載する様努め、受給する事が出来ました。

●結果

提出後1.5ヵ月で障害厚生年金2級が決定しました。