てんかんで障害基礎年金2級を受給した事例

20代・男性

●ご相談に来た時の状況

高校生の時に発症、就職先では障害のためにパワハラに遭い退職.新しい就職先も見つからず、職に就けないことから生きている価値がないと、ご相談に来られたときは、半ば自暴自棄になっておられました。

 

●当センターによるサポート

既に、ご自身で診断書を取られておられました。しかし、意識を失う大発作があり、日常生活が著しい制限を受ける状態であるのにかかわらず、診断書では「社会生活が普通にできる」という記載になっていました。主治医に症状についてご相談頂くよう案内し、診断書を取り直していただきました。

 

●結果

障害基礎年金2級の認定を得ることができ、

新しい就職先はまだ見つかっていませんが、年金を受け取りながら、障害があっても働ける職場を探したい、と大変喜んで頂きました。