統合失調症で基礎年金2級を受給した事例

40代・女性(統合失調症)

●ご相談に来た時の状況

約3年前、イライラ感を覚え精神科病院を受診、神経症及び広汎性発達障害との診断を受ける。
以降通院を継続していたが翌年自動車事故で心破裂を伴う重症となり精神科への通院は中断。
幻覚・妄想状態が出現、増悪。ネットで知り合った友人と地方へ行くも「子どもが拉致される」等
滅裂な言動から不穏が顕著となり警察に保護され緊急入院から医療保護入院となる。
心配した母親からの相談。

●当センターによるサポート

本人は地方で精神科病院に入院中。母親から発症後の状況や現状を聞き取り電話と文書で初診日を確定、初証と診断書を取り寄せ、詳細な申立書を作成の上申請。

●結果

障害基礎年金2級の認定。