うつ病で障害基礎年金2級を受給した事例

50代・女性(うつ病)

●ご相談に来た時の状況

約17年前、ご主人の経営する事業の経理を担当していた時、胸苦しさを感じるようになり発症されました。その後ご主人の死去により事業をやめ、親族の世話になりながら遺族年金を受給されていましたが、額も些少のため、相談に来られました。

●当センターによるサポート

認定日の病院で受診状況証明書を作成いただくも、詳細なカルテは既になく、事後重症で請求いたしました。長い病歴と生活上の困りごとを細かく聞き取り、診断書並びに申立書に反映させて請求しました。

●結果

提出した受診状況証明書の病名が曖昧だったため、今の病院のひとつ前の病院の受証の取り寄せ指示があり、これを提出し速やかに2級に認定されました。

その他、うつ病・気分変性症の受給事例をみる