うつ病で障害厚生年金3級を受給した事例

40代男性(うつ病)

●ご相談に来た時の状況

約10年前に発病し、改善、社会復帰と悪化を繰り返しながら徐々に悪化、現在は仕事をしていないという状態でした。現在の生活、将来に強い不安を感じるものの自身で障害年金の手続きすることができず相談に見えました。

 

●当センターによるサポート

詳しくお話をお聞きしたところ初診の病院が廃院されていて、受診状況等証明書を取得することができないとのことでした。そこで処方箋薬局に問い合わせ、当時の処方箋を取り寄せることで初診日を証明しました。最後に本人に細かく聞き取りをしながら詳細な病歴就労状況等申立書を作成しました。

 

●結果

障害厚生年金3級の認定を得ることができました。

その他、うつ病・気分変性症の受給事例をみる