うつ病で障害厚生年金2級を受給した事例

30代・女性

●ご相談に来た時の状況

約6年前にうつ病を発病、病状悪化に伴い約2年前に初めて受診をされました。その後、ご家族様の死や厳しい労働環境により病状が重度化。勤務が難しくなり休職されました。日常生活もままならない状況に、ご家族様に当たってしまうとのこと。理解を得られず、不安感・孤独感・希死念慮から逃れられず苦しまれていました。

 

●当センターによるサポート

病状の悪化は近年のこととのことでしたが、初診日から1年6ヶ月時点で障害の状況にあると思われましたので、認定日請求とする方針で各書類の準備を進めました。申請中も様々なご不安をお持ちのご様子でしたので、少しでも安心してお任せ頂けるよう度々お話を伺いながら進めました。

 

●結果

障害厚生年金2級の認定を得ることができました。配偶者、子の加算もつき、受給が決まりました。また、認定日請求が認められ、遡及の受給も決まりました。申請中は心強かったとおっしゃって頂き、結果にもご満足頂けました。

その他、うつ病・気分変性症の受給事例をみる