うつ病で障害厚生年金3級を受給した事例

20代・女性

●ご相談に来た時の状況

勤めていた会社でパワハラにあい退職し、現在は軽作業のアルバイト。アルバイトとはいえ、働いている状態でも障害年金が受給できるのか、ご相談に来られました。

 

●当センターによるサポート

お話をお伺いすると、休憩時間を通常の2倍もらっているなど、職場の配慮の上、働き続けておられることがわかりました。現状が反映されるよう、病状・就労状況申立書を作成しました。

 

●結果

障害厚生年金3級の認定を得ることができました。

年金を受け取りながら、自分のペースで働くことができると、大変喜んでいただけました。