うつ病で障害厚生年金2級を受給した事例

40代・男性

●ご相談に来た時の状況

約15年前に発病し、現在は、自宅でできる軽作業のみで、ほとんど無職の状態でした。収入が低く、他の仕事を探そうにも、そのような状態でなく、不安感からさらに病状が悪化するという悪循環の状態でご相談に来られました。

 

●当センターによるサポート

初診日が15年前でしたが、細かく症状を聞き取りし、病歴就労状況等申立書を作成しました。

 

●結果

障害厚生年金2級の認定を得ることができ、配偶者の加算も付きました。

生活の目処がたったと大変喜んでいただきました。

その他、うつ病・気分変性症の受給事例をみる