うつ病、知的障害、広汎性発達障害で障害基礎年金2級を受給した例

40代・女性(統合失調症)

●ご相談に来た時の状況

幼い頃から集団生活に馴染む事が難しかったようですが、これも個性だと思い
通院などはされていませんでした。約2年前に体重の激減により生命の危険を感じて初診。
年少期より知的障害(発達障害)を持っていたことが判明しました。
ご自身では生活することが難しく、常にお母様のサポートを要しています。

●当センターによるサポート

ご自身で精神遅滞で障害年金の請求をするも、不支給だったとのことでした。
神経症の認定日を待って、新たに診断書をとり請求をすることにしました。
日常生活の不具合を丁寧に聞き取りを行い、主治医宛の依頼状作成するとともに
病歴就労状況等申立書にもその内容をしっかりと記入し請求しました。

●結果

障害基礎年金2級の認定を得ることができましたが、その背景には請求人のお母様が主治医としっかりした人間関係を形作っていたことでした。

その他、うつ病・気分変性症の受給事例をみる