就労支援B型作業所に通い、障害厚生年金2級を受給した事例

40代・男性(統合失調症)

●ご相談に来た時の状況

 職場での上司の厳しい叱責や、長時間労働によるストレスから、幻覚・幻聴が出始め、不眠で錯乱状態になる。この事で、病院の入退院を繰り返すようになり退社。不安感から引きこもっている息子に、家族が社会復帰や居場所を確保する為に、就労継続支援B型事業所に通うことを勧め、定期的に通所することになったが、意思表示や自発的な行動がほとんど出来きないため、ケースワーカーを通じて当センターにご相談がありました。

●当センターによるサポート

 両親・ケースワーカー以外の人との会話が困難な為、聞き取りや書類の記入など、直接就労継続支援事業所に足を運び、ケースワーカー立ち合いの元、申請の準備を進めていきました。両親と事業所、当センターの連携が上手くいき、申請できた事例でした。

●結果

提出後4カ月で障害厚生年金2級が決定し、年額134万円が支給される事になりました。