うつ病で、失業状態の方が、障害厚生年金3級を受給した事例

50代・女性(うつ病)

●ご相談に来た時の状況

 教育関係のお仕事に就かれ、家事と仕事の両立を頑張っていた矢先、両親の介護が必要となり、疲れから、全てをこなす事に限界を感じていらっしゃいました。そんな時、職場でパワハラを受け、一方的に解雇となり失業。体調を崩し病院で診察を受けたところ、うつ病と診断され、将来への不安を感じ、当センターに相談に来られました。

●当センターによるサポート

 本人の体調が優れないこともあり、電話と郵送でのやり取りが中心となりました。連絡がとりづらくなった時も、根気よく連絡し続け、丁寧に必要書類の説明をしたところ、滞りなく書類がそろい、申請することができました。

●結果

提出後6カ月で障害厚生年金3級が決定し,年額59万円が支給されることになりました。