広汎性発達障害と診断され、障害厚生年金2級を受給した事例

20歳を超えて広汎性発達障害と診断された方が、

障害厚生年金2級を受給した事例

20代・男性(広汎性発達障害)

●ご相談に来た時の状況

お父様が息子さんの相談で来所。小学生の頃から、いじめによる影響で、辛い思いをしてきたことを話されました。20歳を過ぎてから、初めて「発達障害」の診断を受け、就職した今も人間関係がうまくいかず、休職状態にある事を大変心配され、当センターにご相談に来られました。

●当センターによるサポート

申請書類である、受診状況等証明書に、「小学生の時に病院に行った。」旨の記載があった為、年金事務所から、その時点を初診とすべき、との指導があったが、厚生年金加入時の初診日を主張し、それを裏付ける資料を追加提出する事で、厚生年金での申請をする事ができました。

●結果

提出後6カ月で障害厚生年金2級が決定し、遡及分を含む約390万円が支給されました。