網膜色素変性症で障害厚生年金2級を受給した事例

50代・女性(網膜色素変性症)

●ご相談に来た時の状況

15年以上も前に病気であることが判明していましたが、進行が遅く、治療方法もないことから長期間受診していない期間があり、どう申請したらよいか分からないとのことでした。

 

●当センターによるサポート

詳しくお話をお伺いしたところ、長期間受診のない期間が複数回あり初診日の認定に苦労しましたが、どうにか初診日を特定しました。長期にわたる病歴と遅い進行により記憶があいまいでしたが、丁寧に聞き取りし病歴就労状況等申立書を作成しました。

●結果

障害厚生年金2級の認定を得ることができました。