慢性腎不全で障害厚生年金2級を受給した事例

50代・女性(慢性腎不全)※再審査請求から受任

●ご相談に来た時の状況

ご自身で裁定請求、審査請求をした結果いずれも不支給となり、もはや自分では手に負えないということでご相談に見えました。

●当センターによるサポート

ご自身でなされた申請書類、審査請求の決定書を丁寧に確認したところ、初診日を特定できないとの理由で不支給となっていました。そこで、発病のした当時の状況を詳しく聞き取りながら初診日を特定し得る書類を検討していきました。聞き取りを進める過程で初診日を特定し得る書類を探し出し、当該書類を添付し再審査請求の趣旨及び理由を作成しました。

●結果

障害厚生年金2級の認定を得ることができました。ご自身が最初に申請をしてから受給決定が得られるまで2年近くかかりましたが受給することができ、大変喜んでいただきました。

本件のように、審査請求の結果が不支給となっても再審査請求を行うことで、判断が覆ることがあります。上記のようなお悩みを抱えた方は、是非、ご相談ください。