慢性腎不全で障害厚生年金2級を受給した事例

50代・男性(慢性腎不全)

男性・50代・無職
傷病名:慢性腎不全
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
支給月から更新月までの支給総額:約578万円

●ご相談に来た時の状況

10年程前勤務中に立ちくらみや倦怠感を感じ受診したところ慢性腎不全と診断され、それ以降いくつかの病院を受診した。その後透析を開始した折障害年金の制度を知り早速来所され受任となりました。

●当センターによるサポート

今回のケースは透析開始直後から申請が可能だった為、早急に病歴申立書作成のためのヒアリングを開始し通院の履歴と病状及び日常生活の状況を詳細に記述し無事受給となりました。

●結果

提出後約3ヵ月で障害厚生年金2級が決定しました。