1型糖尿病・C型肝硬変で障害厚生年金3級を取得した事例

50代・男性(会社経営)

男性・50代・会社経営
傷病名:1型糖尿病・C型肝硬変
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
支給月から更新月までの支給総額:約154万円

●ご相談に来た時の状況

C型肝硬変で入院治療後かなりの年数が経った後薬物の副作用で1型糖尿病を発症しインスリンポンプを常用しながら生活を続けていた折、障害年金の制度を知り来所され受任となりました。

●弊センターによるサポート

初診が20年以上前だった為、じっくりと病歴のヒアリングを行い、最初の傷病であるC型肝硬変の病歴を詳細に記述しました。それから15年が経ち1型糖尿病を発症した為転院してからの病歴を詳しく記載し、更に先生にも正確な診断書作成にご協力頂き受給となりました。

●結果

提出後3ヵ月半で障害厚生年金3級が決定しました。