何度も過呼吸になりパニックになったがその後うつ病で障害基礎年金2級を受給した事例

40代・女性(うつ病)

女性・40代・パート
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの支給総額:約150万円

●ご相談に来た時の状況

10年前車を運転中に急に息苦しくなり、汗が出たり震えが止まらなくなるなどパニックが頻繁に起こった。その後も精神科医にいくつか通院したが状態は改善されなかった。ある時友人から障害年金の制度を聞き来所され、多少の不安材料もありましたが受任となりました。

●弊センターによるサポート

初診の医院は既に閉院しており初診証明に多少手間取りました。精神状態の波が大きくヒアリングは調子のよい時のみに行いましたが電話を取ることが出来ない事やメールもたまにしかチェックできない状態が続いていました。病歴申立書作成に時間が掛かりましたが根気強くサポートを続けたことにより日常生活の詳細な状況やパートで働いている時の会社からの配慮の内容を詳細に記載し申請書類を整えることが出来、受給となりました。

●結果

提出後4ヵ月で障害基礎年金2級が決定しました。