アルツハイマー型認知症の進行により仕事ができなくなり障害厚生年金2級を受給した事例

女性:60代・無職

傷病名:アルツハイマー型認知症
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
支給月から更新月までの支給総額:約223万円

●ご相談に来た時の状況

20年間事務職で働いていましたが、指示通りの仕事が出来なくなり判断も出来なくなったため仕事に支障をきたし、上司から叱責を受けるようになり抑うつ状態になりました。その後駅のホームで転倒し救急搬送され入院となりました。アルツハイマー型認知症の進行により、退院後も家族の介助が必要な状況でした。独身だったため今後の事を不安に思われていたご家族がご相談に来られました。

●当センターによるサポート

発病後は常に介護が必要な状態だったので日常生活の具体的な状況や出来ないことを詳細に申立書に記載しました。また、病気の進行により短期記憶能力が低下しているため、対人コミュニケーションの状態も詳しく記載しました。

●結果

提出後3ヵ月で障害厚生年金2級が決定しました。