双極性感情障害で障害基礎年金2級を受給した事例

30代・女性・無職(双極性感情障害)

就職したが過呼吸で仕事がつづけられなくなり双極性感情障害で、障害基礎年金2級を受給した事例です。

●相談者

女性・40代・無職
傷病名:広汎性発達障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの支給総額:約188万円

●ご相談に来た時の状況

母親の精神障害と暴力をふるう父親の影響で常にイライラして不安定な家庭環境で生活していた。就職したが以前から続いていた過呼吸がしばしばおこり、仕事は続けられなくなり退職した。うつ状態の時には何もやる気が無くなり、1日家で寝ており、躁状態のときは気持ちがハイテンションになり夜中でも部屋の隅々まで掃除をしたりした。将来の生活に不安を感じ、ご主人が相談に来られました。

●弊センターによるサポート

第3号被保険者期間中の発症だったため、2級を目標にご主人から現在の状況を詳細にお聞きし、出来る限り正確にまとめるよう努めました。特に初診前の状況を具体的に詳細に記載しました。日々本人からご主人への罵声・罵倒・執拗なメール発信等を受けながら、丁寧に聞き取りにご協力頂いたご主人のおかげで申請に至りました。

●結果

提出後3カ月で障害基礎年金2級が決定しました。支給月から更新月までの支給総額は約155万円でした。