アレルギー性気管支肺真菌症で障害共済年金3級を受給した事例

男性・60代・講師(アレルギー性気管支肺真菌症)

アレルギー性気管支肺真菌症で障害共済年金3級を受給した事例です。

●相談者

男性・60代・講師 傷病名:アレルギー性気管支肺真菌症 決定した年金種類と等級:障害共済年金3級
支給月から更新月までの支給総額:約182万円

●ご相談に来た時の状況

17年前激しい咳、喘鳴、高熱が続き近くの病院を受診したところ、肺が真っ白な状態で即刻入院となった。先生からアスペルギルス菌が原因の稀な肺炎による重篤な症状で、43歳当時「もしあなたが60歳なら死んでいた可能性もあった」と言われた。その後服薬しながら講師の仕事を続けたが、知人から障害年金の制度がある事を聞き60代の自分でも申請が出来るか聞きに来られ受任となりました。

●弊センターによるサポート

初診が17年前という事で受診状況等証明書が取れず苦労しました。どうにか第三者証明を取り初診日要件をクリアしました。その後通院された病院が統合の為データが破棄されてしまい事後重症請求となりましたが、お勤めを続けながら申請・受給する事が出来ました。

●結果

提出後2カ月で障害共済年金3級が決定しました。