15年前下腹部の激痛と四肢の痺れが現れ視神経脊髄炎で障害厚生年金3級を受給した

女性:40代・無職

傷病名:視神経脊髄炎
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
支給月から更新月までの支給総額:約146万円

●ご相談に来た時の状況

30代の頃四肢の痛み・痺れを感じ始め、「視神経脊髄炎」と診断されました。その後「関節リウマチ」を併発し、さらに視野の中心部が見えにくくなる「視神経炎」を発症、治療をするも右眼失明となりました。現在は関節の痛みや痺れ・こわばりのために日中も寝たり起きたりの状態となり、自力での外出等がほぼ不可となっています。将来の不安を感じHPで検索したところ障害年金を知り、当センターにご相談に来られました。

●当センターによるサポート

視神経脊髄炎、関節リウマチ、右眼失明それぞれについて病院の診断書の取り寄せを依頼しました。その為申請までに時間が掛かりましたが、診療内容や症状、日常生活の状態について丁寧にヒアリングを行い、病歴・就労状況等申立書を整理して申請し、無事受給することができました。

●結果

提出後6カ月で障害厚生年金3級が決定しました。

〇お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください〇

tanaka1お電話かメールでご相談での無料面談予約について

お電話はこちらから

0798-37-1223
(受付時間:平日9:00~18:00 ※土日祝除く)

24時間対応メールお問い合わせはこちらから>>

当事務所は、お客様の障害年金に関わるすべてのお悩みにお応えさせていただきます。

特にその中でもお客様が受給できる可能性のある年金に関して丁寧にアドバイス・代行申請させていただきます。

障害年金にお悩みの方、申請したいと思われている方は是非お電話にて無料相談会についてお問合せ下さい。

※お電話でご予約いただく際に、「住所」「氏名」「電話番号」「初診日」「加入年金制度」  「傷病について」など、お聞きする場合がありますのでご了承ください。

①ヒアリングをしっかりとさせていただきます。

お客様のご都合の良い時間を選んで頂き、日程調整をさせていただきます。

無料相談では、当事務所の障害年金相談員がお客様のお話を約30分~1時間かけて、しっかりとお伺いさせていただきます。

家族や周囲に話すことの出来ない悩みを全て受け止められるように、親身に対応させて頂きます。

②障害年金のアドバイスをさせていただきます。

兵庫・大阪障害年金相談センターは、障害年金専門の社労士でサポートしています。
今までに蓄積したノウハウで、それぞれの相談者様に適切なアドバイスをさせて頂きます。

障害年金については、申請書の書き方一つでもらえる受給額が大きく変わったり、もらえなかったりするケースが多くあります。

是非、お電話にてお気軽にご予約ください ⇒ 0798-37-1223

また、メールでも随時ご予約をお受けしております

→メールフォーム>>(24時間対応)