マンガでわかる障害年金

ブログ・最新情報

社会福祉士と社会保険労務士のダブルライセンスでフルサポート

障害をお持ちの方のご相談に乗り、助言や指導,援助を行なう国家資格である「社会福祉士」と障害年金の申請を代行する「社会保険労務士」のダブルライセンスでご相談者を徹底的にフルサポートします。

受給事例紹介

●広汎性発達障害で障害厚生年金3級受給した事例

●多動性障害、双極性障害で、認定日時点で障害厚生年金3級、請求日時点で障害厚生年金2級を受給した事例

●持続性気分障害で障害厚生年金3級を受給した事例

●双極性感情障害で障害基礎年金2級を受給した事例

●てんかんで障害基礎年金2級を受給した事例

●うつ病で障害厚生年金2級を受給した事例

その他受給事例多数!!詳しくはこちらへ

受給事例

障害年金をもらうための情報はこちらをご覧ください

社会福祉士と社会保険労務士のダブルライセンスでフルサポート

障害をお持ちの方のご相談に乗り、助言や指導,援助を行なう国家資格である「社会福祉士」と障害年金の申請を代行する「社会保険労務士」のダブルライセンスでご相談者を徹底的にフルサポートします。

毎月5名様を限定に障害年金受給の無料相談会を開催しています。電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

無料相談について詳しくはこちら

障害年金申請までの流れ

一般的な障害年金の申請の流れは、初診日を確定して保険料の納付記録を確認し、診断書を取得
各種書類の整備をして年金事務所等に提出しますが、下記の図のような流れになります。

早めにご相談を頂くことで、一生涯でもらえる金額が増える可能性があります!

障害年金受給までの流れ

障害年金申請診断

無料相談会ご予約受付中

代表者メッセージ

 

兵庫・大阪障害年金相談センター
代表 牧江 重徳 (まきえ しげのり)
【資 格】
特定社会保険労務士
社会福祉士
行政書士

はじめまして。
兵庫・大阪障害年金相談センターを運営しております社会保険労務士法人 牧江&パートナーズ代表の牧江重徳です。
この度は、たくさんのホームページの中から当サイトにご訪問頂き、誠に有り難うございます。

当社では昨年度は、500件もの相談件数がございました。申請後の受給率は90%を超えております。

当センターは社会福祉士社会保険労務士のダブルライセンスでご相談者をフルサポートいたします。
社会福祉士とは、障害などで日常生活に様々な困難や不自由をお抱えの方からの ご相談に対してアドバイス・ご指導・ご援助を行なう国家資格です。
それと、障害年金申請のプロである社会保険労務士がタッグを組んでのご支援、これに勝るものはないかと思います。

 お気軽にご連絡下さい。どうぞ宜しくお願い致します。

兵庫・大阪障害年金相談センター
センター長 

  田中 靖浩(たなか やすひろ)

この度は、当サイトにご訪問頂き、誠に有り難うございます。
これまで当事務所は30数年に渡って、1000件以上の企業様の顧問社会保険労務士として、様々な相談に対応して参りました。特に障害年金は、障害を負われてしまった方に対して所得保障を行うことにより、本人やご家族の将来的な不安を和らげることが可能な、とても重要な年金制度であると言えます。
ですが、年金の中でも障害年金は複雑な制度であるため、途中で手続きをあきらめてしまったり、申請方法がわからず全く手をつけることができなかったりと本来の「障害年金制度」の役割を果たしきっておらず、受給できるはずの多くの方々に対して行き届いていないというのが現実であると感じています。

私は、この障害年金相談センターを運営することにより、障害をお持ちで困っている多くの方々の不安を解消し、ご本人やご家族のお力添えができると信じています。
スタッフ約50名の社労士事務所が母体の当センターでは、専任の社労士が経験と実績を活かして全力でサポートさせていただきますので、お気軽にご連絡下さい。どうぞ宜しくお願い致します。

ーーーー障害年金相談会受付中!

エリアバナー

 

お客様のからの感謝の手紙

私どものサポートにより障害年金の受給が決まったお客様から、感謝のお手紙を頂きました。

ここでは、手紙の一部を紹介させて頂きます。

牧江・田中事務所アンケート1

牧江・田中事務所アンケート2

新しい画像 (12)

詳しくは、コチラへ!?

 

よくあるご質問 Q&A

Q.昔、病気にかかっていたことがあれば、必ず遡及できますか?

A.はい。遡及できる可能性もあります。ただし、当時の診断書やその他病院にかかっていた証明がなければ、遡及できません。もし、診断書や証明できるものがあれば、遡及できる可能性もあるので、お問合せ下さい。

Q.何歳でも請求できるんですか?

A.いえ、65歳になる前にかかった病気や怪我が対象です。ただし、よく勘違いされることがあるのですが、20歳前にかかった病気や怪我(先天性のものも含む)も対象になる可能性があります。もらえるのに知らずに申請していない方もいますので、対象になると思われたら、一度お問合せ下さい。

Q.20歳前の病気で保険料を納めていないのですが、もらえるのでしょうか?

A.20歳前の病気や怪我に限っては、保険料をおさめていなくても対象になります。

 

ブログ・最新情報