左変形性股関節症により障害厚生年金3級を受給した事例

50代・女性(左変形性股関節症)

●ご相談に来た時の状況

約4年前から左股関節に違和感を感じていたが受診しなかった。
約1年半前に痛みが酷くなったため専門医を受診、左変形性股関節症との診断を受ける。
勤務を続けていたが痛みが酷くなり退社。人工関節置換手術施行。
術後も痛みは残り舵などはできない状態。

●当センターによるサポート

申請時59歳で特別老齢厚生年金の障害者特例を視野に入れ、ご自身で申請を進めていたが頓挫。
初診からの状況を聞き取り初診日を確定。現状を丁寧にお聞きし申立書を作成し申請。

●結果

申請後2ヶ月で3級と認定される。認定後、ご本人が障害者特例の申請を行われた。