反復性うつ病性障害で障害厚生年金3級を受給した事例

50代・男性

●ご相談に来た時の状況

約7年前に仕事上の過度なストレスから反復性うつ病性障害を発病。仕事の降格の申し出や業務変更などをしてなんとか勤務を続けましたが回復できず、約1年前から休職し、その後退職されました。現在も病状に苦しみ、復職の見通しがつかず生活に困ってのご相談でした。

 

●当センターによるサポート

転院や職場復帰訓練など、それぞれの時期の病状・治療過程・日常生活で困っていることを細かく聞き取り、病歴・就労状況申立書を作成しました。常に復職へ向けて努力をされながらも回復が難しい今、いかに経済面での支援が必要であるかが伝わるように表記しました。

 

●結果

障害厚生年金3級の認定となり、今後の療養・復職訓練に前向きに取り組めると、喜びのお言葉を頂きました。

その他、うつ病・気分変性症の受給事例をみる