くも膜下出血で障害基礎・厚生年金2級を受給した事例

40代・男性(くも膜下出血)

●ご相談に来た時の状況

平成26年2月、くも膜下出血、頚椎動脈乖離を発症し、救急搬送され入院。
緊急手術し集中治療室に。嚥下障害、四肢麻痺が後遺。障害認定日近くになり、
車椅子生活を余儀なくされ、嚥下障害、高次脳機能障害があるため相談。

●当センターによるサポート

症状を詳細に聞き取り、肢体と咀嚼嚥下・言語の2枚の診断書を取得し請求。

●結果

請求から2ヶ月半で障害基礎・厚年2級決定。奥様、二人のお子様の加算を合わせ月額