うつ病で障害厚生年金2級を受給した事例

40代・男性(うつ病)

●ご相談に来た時の状況

ご自分で障害年金の請求をしようと受診状況等証明書や診断書を集めていたが、どうすればよいのかわからず行き詰まり、ご相談に来られました。

 

●当センターによるサポート

約15年に及ぶ病歴の間に何度も引っ越しや転院を繰り返しており、ご本人の記憶もあいまいになっていましたが、ひとつひとつ丁寧に聞き取ることで記憶を呼び起こしていきました。聞き取った内容を整理していくと、ご自身で取得された診断書は使用できないものであることがわかり、当センターで最初から手続きをやり直すことになりました。病歴の整理に苦労しましたが、有効な診断書を取得、詳細な病歴就労状況等申立書を作成し申請しました。

 

●結果

障害厚生年金2級の認定を得ることができました。

病歴が長い場合や引越しなどにより転院を繰り返していると、丁寧なヒアリングが有効です。こうしたサポートが出来るのも、専門的知識と実績からくるものです。お困りの際は、是非、ご相談ください。