うつ病で障害厚生年金2級を受給した事例

50代・男性(うつ病)

●ご相談に来た時の状況

約4年前からうつ病を患い、会社を休職。その後、解雇され、現在無職の状態で、日常生活も同居の息子さんの介助に頼っておられました。症状が強く、就職活動することも医師に止められており、生活に困ってご相談にみえました。

●当センターによるサポート

認定日請求で約3年遡及できると判断し、診断書取得を依頼。また、認定日頃、現在についての日常生活状況を丁寧に聞き取り、病歴・就労状況等申立書を作成しました。

●結果

障害厚生年金2級の認定を得ることができました。また、認定日請求が認められ、遡及の受給も決まり、大変喜んでいただきました。

その他、うつ病・気分変性症の受給事例をみる